介護従事者が必要

| 未分類 |

高齢化社会が進む中、年毎に重要になってくるのが介護です。厚生労働省は、2014年には160万人の介護職従事者が必要になると言っています。介護求人の需要はこれからますます増えていくと思います。では介護求人に応募するにはどのような資格があれば有利なのでしょうか。介護求人に関連した資格の中で、就職する際に特に必要性が高いのが、ホームヘルパー2級・介護福祉士です。ホームヘルパー2級の資格は、特に筆記試験はなく、ホームヘルパー2級養成講座を受講し養成課程を修了することで、誰でも取得できます。ホームヘルパー2級の資格がなくても介護の仕事はできますが、これから介護業界に勤めよう考えている人には、介護を行ううえで必要な知識を身に付けるためには、ホームヘルパー2級の資格の取得が必須となってきています。介護福祉士の資格は、現在は、養成施設の講義を卒業するか、介護福祉士国家試験を受験して合格する方法がありますが、平成27年度からは養成施設を卒業しても国家試験を受験して合格しなければ、介護福祉士の資格は取得できなくなります。ホームヘルパー2級と業務内容にこれといった違いはありませんが、ホームヘルパー2級が認定資格なのに対し、介護福祉士は国家資格のため就職により有利で、昇進や、役職、給与など待遇面で差が有る場合があるので、介護業界でずっと働いていくつもりならば、介護福祉士の資格を取得したほうが良いと思います。