» 未分類のブログ記事

少子高齢化

| 未分類 |

シニア17

少子高齢化が社会問題になり、福祉機器やロボット工学と言った介護に関係する分野の進歩が見られますが、介護の世界に必要なのは人間の手です。効率の良い方法や力を使わずに介護をする方法もありますが、姿勢を変える、身体を動かすと言った身体介護には力が必要になります。純粋に身体を持ち上げる力や動かす力は、機械の力を借りる事も重要になってきます。移動用リフトや介護ベットなど、福祉機器と呼ばれる機械を使う事によって安全な介護ができます。しかし、機械だけではどうする事もできない介護もあります。介護される人全員が同じ介護を必要とはしていません。身体の動く範囲も違えば体型も違います。それぞれの人に合った介護が必要になります。それを判断する事や微妙な力で調節するのは、人にしかできません。そこに介護求人の必要性があります。どんなに福祉機器が進歩しても介護求人がなくなる事はありません。移動用リフトを操作するのも人の手が必要ですし、掃除機や洗濯機を動かすのも人の手です。また、人との交流も機械では難しいです。介護現場の会話の交流は重要です。介護する間の会話によって、その人の近況や身体の様子を判断する事もできます。季節が変われば温度も変わり、着る洋服や生活環境も変わります。その場その時に合った介護を判断できるのは、人間だけです。老若男女問わず、介護求人によって介護の世界に参加する事が求められている時代です。求められている介護の手を集めるのは、介護求人にかかっています。

ホームヘルパー

| 未分類 |

“介護求人という言葉から想像できるのは、介護をしてもらう必要がある人はお年寄りだというイメージがどうしても先に立ってきます。しかし、これらの介護求人によって募集されるホームヘルパーのような介護をしてくれる人が必要なのは、何もお年寄りの方だけではないのです。以下に、私の実体験に基づいてその1つの例を挙げて行きたいと思います。
まず初めに私は視力が全くない視覚障害者です。つまり色も判別をすることも全くできませんし、光の明るい暗いというのも全く分りません。このような目の状態の私が単身生活を送ろうとした場合、やはりホームヘルパーのような方の助けが欠かせないものとなります。実際にはどのような場面で必要になってくるのかというと、私の場合一番に挙げられるのは実は郵便物の確認をしてもらう際、自分の代わりに目になってもらうことです。私の視力は上記のような全く見えていない状態なので、こんな私では紙に記してある文字を読むことはとてもできません。それでも大半の郵便物は紙に記されて送られてきます。しかし私自身ではこの紙の郵便物の内容を確認することはできませんから、その際にホームヘルパーの目に私は大変助けられています。
また私の場合は、自宅を掃除する際にもホームヘルパーには助けられています。掃除をする 事は、目の見えない私であっても掃除機をかけたり雑巾で机の上を拭いたりすることはできるのですが、目の見えない私では床や壁の汚れをチェックしたりすることはできません。このように介護求人、つまり介護してもらう人を募集するための求人はお年寄りばかりでなく、私のような障害を持った人にとっても必要なのです。

人材が不足

| 未分類 |

都市部とか地方に限らず、介護関係に携わる人材が不足しています。介護求人数はかなり多いのが現状です。 近年、産業看護師という言葉をよく耳にします。産業看護師とは、病院ではなく企業で働く看護師です。企業は従業員に対して健康や安全を守ることが法律上義務付けられているので、それを満足するために、産業看護師を必要としています。産業看護師は、企業の従業員だけを対象として医療的な補助作業を行ったり、健康に関する相談や指導を行う業務をしています。産業看護師という特別な資格がある訳ではありません。産業看護師は、日本産業衛生学会の産業看護部会によって認定された看護師が登録される制度であり、そのために日本産業衛生学会産業看護部会の規定する産業看護基礎コースを修了することが必要です。ただし、対象となるのは正看護師と保健師のみで、准看護師は対象外となっています。また、日本産業衛生学会と産業看護部会の会員である事必要です。産業看護師は、企業における従業員の一人であり会社員ですので、五年ごとの更新があり、常に実力アップを心がけないと更新できません。企業に於ける居場所を失ってしまうのです。 介護求人をお探しの方で正看護師や保健師の資格をお持ちの方は、転職の選択肢の一つとして産業看護師をお考えになるのは如何でしょうか。産業看護の需要は高まる一方ですし、高収入が期待できる業種です。産業看護師を含む介護求人はこれからより増えるのではないでしょうか。

介護従事者が必要

| 未分類 |

高齢化社会が進む中、年毎に重要になってくるのが介護です。厚生労働省は、2014年には160万人の介護職従事者が必要になると言っています。介護求人の需要はこれからますます増えていくと思います。では介護求人に応募するにはどのような資格があれば有利なのでしょうか。介護求人に関連した資格の中で、就職する際に特に必要性が高いのが、ホームヘルパー2級・介護福祉士です。ホームヘルパー2級の資格は、特に筆記試験はなく、ホームヘルパー2級養成講座を受講し養成課程を修了することで、誰でも取得できます。ホームヘルパー2級の資格がなくても介護の仕事はできますが、これから介護業界に勤めよう考えている人には、介護を行ううえで必要な知識を身に付けるためには、ホームヘルパー2級の資格の取得が必須となってきています。介護福祉士の資格は、現在は、養成施設の講義を卒業するか、介護福祉士国家試験を受験して合格する方法がありますが、平成27年度からは養成施設を卒業しても国家試験を受験して合格しなければ、介護福祉士の資格は取得できなくなります。ホームヘルパー2級と業務内容にこれといった違いはありませんが、ホームヘルパー2級が認定資格なのに対し、介護福祉士は国家資格のため就職により有利で、昇進や、役職、給与など待遇面で差が有る場合があるので、介護業界でずっと働いていくつもりならば、介護福祉士の資格を取得したほうが良いと思います。

介護資格

| 未分類 |

介護求人の、必要性について、今は、若者たちより、年配の方たちが増えていることはニュース等でも報道されておりますよね。年配たちが増えることで、介護を必要する方たちが多く、ヘルパーが少ないこともニュース等でも報道されていますよね。今は子供の人数も減っているところで、介護の求人は、全国各地でたくさん募集がでているのは求人広告等をみても多く募集がでていますよね。また、今は介護資格を取っていない方たちでも、介護の仕事で働く方たちが多いかと思います。介護も、男性でも女性でも年齢に関係なく働くことができ、また送迎バスの運転手も募集しているところも多いですよね。施設等では、送迎が運行されているのはほとんどかと思いますが、送迎バスもバスの運転経験がない方たちでも、安全運転ができる方たちであれば、働くことができるのは多くなりましたよね。募集が多くでていることは、年配が多いことで、介護求人の必要性があるのかと思います。介護求人も、働く時間等を決めることもでき、短時間でも働くことはできますよね。2重の仕事をしている方たちや子供がいる主婦等では働きやすいものではないかと思います。また、介護求人も、訪問介護求人も数多くありますよね。今は介護求人の必要性は、他の求人よりもたくさん募集はあるかと思います。介護も、体力を使うものでもありますが、介護される年配の状況を分からないと介護はできないかと思います。入浴や食事、排便等も、すべて介護が必要な方たちが多いですよね。入浴や排便等も、滑りやすく、体力が必要となるものかと思います。また食事も、その方たちにあった食事を料理するのも時間のかかることでもあり、栄養面等も介護の方たちは管理することも必要ですよね。また、介護にも、介護用語や介護用品等も覚えるのも数多くあり、介護の資格も、通信等でも取ることはできますよね。介護の資格も、難しいことで、介護の本も分かりように掲載されているのも介護の資格を取る方たちには良いですよね。

利用者の満足度

| 未分類 |

介護の現場における利用者の満足度は、施設の快適さや食事も重要なポイントですが、最も大切なのは、職員と利用者の日常的なコミュニケーションの密度です。突き詰めて言えば、良い介護とは、人と人のふれ合いに集約されると言っても過言ではありません。ところが、老齢人口の増加と共に、介護の需要が高まりつつあるなか、介護職員の不足が深刻化しています。静岡県を例に取れば、2012年3月に、県内の施設などが求めた介護人材数(有効求人数)2921人に対する申込者(有効求職者数)は、はるかに満たない1796人でした。介護求人と求職のバランスが大きく偏っているのが現状です。厚生労働省所管の財団法人「介護労働安定センター」が、2011年11月、全国の約17,000の介護事業所を対象に行った調査では、「介護現場の職員が不足している」と答えた事業所は53%で、前年比3ポイント増加しています。そ理由としては「介護求人を行っても集まらない、採用が困難」66%、「定着率が低い」20%などがあがっています。スタッフが不足し、かつ熟練度も低ければ、利用者の満足度は低くなって当然です。良い介護を提供して利用者に満足していただくためには、優秀なスタッフの確保が絶対条件です。不景気が続く昨今、頭数を確保するだけならば人は集まるかも知れませんが、本当に欲しい人材を採用し、介護のレベルアップを図りたいのならば、特徴のない当たり前の介護求人を繰り返していても意味がありません。他事業所と差別化できる特徴や給与面以外でのメリット、資格取得へのバックアップ体制なども加味した、「戦略的な介護求人の必要性」に目を向けるべきです。

重要なポイント

| 未分類 |

介護求人における看護求人の重要ポイントは職場に採用されるには、勤務時間、給与の条件など当然大切なポイントになります。さらに大切なことは責任感を持っているかにあります。介護求人で看護の仕事は、人の命を預かる重要な仕事です。いい加減な人に任せることはできません。また仕事は重労働でハードです。辛いから辞めたいという精神的な強さも求められます。そして健康管理も必要になります。介護求人でもっとも看護求人の採用の重要ポイントは、強い責任感と健康な心と体が大切です。それが看護求人の採用か否かの分岐点になる看護求人の重要ポイントと言っても過言ではありません。介護求人の看護の求人情報を探しているなら、無料の介護求人の看護求人サイトの登録もおすすめします。給与、労働時間などに関する交渉なども、プロのコンサルタントが無料で代行してくれます。とても安心です。登録するなら、優秀なキャリアコンサルタントがいる業界で実績のある大手の介護求人サイトがおすすめです。ハローワークでは良い求人が見つからないこともあります。非公開求人は看護専門のネット求人サイトを使って検索するのが良いと思います。介護求人を成功させるためには、看護専門のサイトで条件の非公開求人で探すのも看護求人の重要ポイントとなります。介護求人で看護の現場は病院だけに限らず、夜勤の無い介護老人福祉施設もあります。看護師として必要とされている現場は病院に限りませんので幅広いことを覚えておきたいものです。

トラベルヘルパー

| 未分類 |

“介護求人の資格としてよく耳にするのはケアマネージャー・ヘルパー2級・介護福祉士です。しかし今、ひそかに注目されている介護職の資格があります。それは「トラベルヘルパー」と呼ばれる資格です。「トラベルヘルパー」とは外出支援専門員とも呼ばれ、介護・看護技術と旅の業務知識を身につけたスペシャリストです。介護を必要とする高齢者・障害者・健康に不安がある人が身近なショッピング・旅行・冠婚葬祭・歌舞伎やオペラ鑑賞・美術館巡り・お食事・習い事など暮らしの外出に関するすべての支援サポートする事が主なお仕事です。利用者と旅の目的に適した旅のプラン計画から当日の移動・観光・宿泊先でのケアまで利用者のコンディションに応じて、お手伝いをしながら、利用者が楽しめる旅のエスコートもします。その特徴は、ヘルパー2級以上・介護福祉士・看護師などの医療系資格保持者や旅程管理主任者などの旅行系資格保持者のほかトラベルヘルパー検定の資格保持者など医療や旅行に関する資格を持っている方がトラベルヘルパーです。トラベルヘルパー検定には3級・準2級・2級があります。どの検定を受けるのに共通しているのは、ヘルパー2級以上の資格を取得している事が必須です。3級は身近な人の外出に役立つ日常での外出支援や介護旅行の基本を勉強します。準2級は仕事として、利用者との外出や日帰り旅行などの外出支援に同行する時に必要なサービスについて勉強します。2級は仕事として、宿泊する周遊型の旅行に同行できるレベルの資格で入浴介助・飛行機やクルーズの勉強もします。トラベルヘルパーは必要な時だけ介護を必要とする高齢者・障害者・健康に不安がある人に付き添う仕事なので、副業の介護求人としても最適です。介護を必要とする高齢者・障害者・健康に不安がある人も外出や旅行を楽しむ方も多いですので今後、トラベルヘルパーの名前が介護求人で目にする事が多くなることでしょう。

生活のサポート

| 未分類 |

高齢者の人口が増えたことで生活のサポートの希望する人たちが増えてきています。そのため介護求人をする福祉施設や福祉団体も増えてきています。介護職は体力の必要な仕事であり介護しなければならない人によってサポートの仕方が変わる仕事です。職員が一人でサポートすることもあれば数名でサポートしなければならない場合もあるということです。毎回同じような仕事をするようなことがないので自分の実力を試せる仕事ともいえます。介護求人があっても使える資格がないために仕事につけない場合があります。介護求人になかには雇用をして働きながら資格を取得できるように支援を行っている場合もあります。そうすることで時間をかけずに資格を持った人材を確保することができるそうです。資格を取得するために支援をしているところではハローワークや各市町村でも行っている場合があります。受講することで介護サービスや介護ヘルパーの養成を行い資格を取得した跡で介護求人を支援するようにしています。介護求人で必要とする基本の資格はホームヘルパー二級になります。この資格があれば転職や再就職にも有利で、経験を積んでいくことでケアマネージャー、介護福祉士や社会福祉士など他の資格へステップアップすることも可能になります。今後は高齢者の人口も増えてくるため介護職は必要な仕事のひとつになっていくと思います。介護求人でもフリーターや子育て中の主婦を中心に介護職についてもらい未来に向けての準備をする必要があると思います。

シニア02