人材が不足

| 未分類 |

都市部とか地方に限らず、介護関係に携わる人材が不足しています。介護求人数はかなり多いのが現状です。 近年、産業看護師という言葉をよく耳にします。産業看護師とは、病院ではなく企業で働く看護師です。企業は従業員に対して健康や安全を守ることが法律上義務付けられているので、それを満足するために、産業看護師を必要としています。産業看護師は、企業の従業員だけを対象として医療的な補助作業を行ったり、健康に関する相談や指導を行う業務をしています。産業看護師という特別な資格がある訳ではありません。産業看護師は、日本産業衛生学会の産業看護部会によって認定された看護師が登録される制度であり、そのために日本産業衛生学会産業看護部会の規定する産業看護基礎コースを修了することが必要です。ただし、対象となるのは正看護師と保健師のみで、准看護師は対象外となっています。また、日本産業衛生学会と産業看護部会の会員である事必要です。産業看護師は、企業における従業員の一人であり会社員ですので、五年ごとの更新があり、常に実力アップを心がけないと更新できません。企業に於ける居場所を失ってしまうのです。 介護求人をお探しの方で正看護師や保健師の資格をお持ちの方は、転職の選択肢の一つとして産業看護師をお考えになるのは如何でしょうか。産業看護の需要は高まる一方ですし、高収入が期待できる業種です。産業看護師を含む介護求人はこれからより増えるのではないでしょうか。