少子高齢化

| 未分類 |

シニア17

少子高齢化が社会問題になり、福祉機器やロボット工学と言った介護に関係する分野の進歩が見られますが、介護の世界に必要なのは人間の手です。効率の良い方法や力を使わずに介護をする方法もありますが、姿勢を変える、身体を動かすと言った身体介護には力が必要になります。純粋に身体を持ち上げる力や動かす力は、機械の力を借りる事も重要になってきます。移動用リフトや介護ベットなど、福祉機器と呼ばれる機械を使う事によって安全な介護ができます。しかし、機械だけではどうする事もできない介護もあります。介護される人全員が同じ介護を必要とはしていません。身体の動く範囲も違えば体型も違います。それぞれの人に合った介護が必要になります。それを判断する事や微妙な力で調節するのは、人にしかできません。そこに介護求人の必要性があります。どんなに福祉機器が進歩しても介護求人がなくなる事はありません。移動用リフトを操作するのも人の手が必要ですし、掃除機や洗濯機を動かすのも人の手です。また、人との交流も機械では難しいです。介護現場の会話の交流は重要です。介護する間の会話によって、その人の近況や身体の様子を判断する事もできます。季節が変われば温度も変わり、着る洋服や生活環境も変わります。その場その時に合った介護を判断できるのは、人間だけです。老若男女問わず、介護求人によって介護の世界に参加する事が求められている時代です。求められている介護の手を集めるのは、介護求人にかかっています。