トラベルヘルパー

| 未分類 |

“介護求人の資格としてよく耳にするのはケアマネージャー・ヘルパー2級・介護福祉士です。しかし今、ひそかに注目されている介護職の資格があります。それは「トラベルヘルパー」と呼ばれる資格です。「トラベルヘルパー」とは外出支援専門員とも呼ばれ、介護・看護技術と旅の業務知識を身につけたスペシャリストです。介護を必要とする高齢者・障害者・健康に不安がある人が身近なショッピング・旅行・冠婚葬祭・歌舞伎やオペラ鑑賞・美術館巡り・お食事・習い事など暮らしの外出に関するすべての支援サポートする事が主なお仕事です。利用者と旅の目的に適した旅のプラン計画から当日の移動・観光・宿泊先でのケアまで利用者のコンディションに応じて、お手伝いをしながら、利用者が楽しめる旅のエスコートもします。その特徴は、ヘルパー2級以上・介護福祉士・看護師などの医療系資格保持者や旅程管理主任者などの旅行系資格保持者のほかトラベルヘルパー検定の資格保持者など医療や旅行に関する資格を持っている方がトラベルヘルパーです。トラベルヘルパー検定には3級・準2級・2級があります。どの検定を受けるのに共通しているのは、ヘルパー2級以上の資格を取得している事が必須です。3級は身近な人の外出に役立つ日常での外出支援や介護旅行の基本を勉強します。準2級は仕事として、利用者との外出や日帰り旅行などの外出支援に同行する時に必要なサービスについて勉強します。2級は仕事として、宿泊する周遊型の旅行に同行できるレベルの資格で入浴介助・飛行機やクルーズの勉強もします。トラベルヘルパーは必要な時だけ介護を必要とする高齢者・障害者・健康に不安がある人に付き添う仕事なので、副業の介護求人としても最適です。介護を必要とする高齢者・障害者・健康に不安がある人も外出や旅行を楽しむ方も多いですので今後、トラベルヘルパーの名前が介護求人で目にする事が多くなることでしょう。